スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃の検査。

  • 2008/08/21(木) 00:32:39

またも長文です。
お時間がある時にお読み下さい。


実は約3週間程前から、胃のあたりに痛みがありました。

何かにあたったのかとも思い、食事を抜いても痛みは変わらず。

逆に普通に食べても痛みは変わりませんでした。

私は別に病院に行くほどでもないと思っていたのですが
嫁がひどく心配らしく、数日後に病院へ行くことを約束させられました。(;^ω^A

しかし、いざ病院へ行こうと思うと不思議なもので、
痛みが和らいだりするものです。(;^ω^A

嫁には病院に行く頃になって痛くなくなっても病院に行くという約束だったので
私としては、渋々病院へ行きました。

診察は若い小柄の女の先生。

おっさんじゃなくて、ちょっとラッキー♪

症状の説明、ベッドに仰向けになり、おなかを触診。

予想はしていましたが、原因がわかることはないので、検査をすることになりました。

検査は、エコー検査と胃カメラです。

私はどちらも初体験です。

胃カメラは細いか聞くと、結構太そう・・・。
鼻からとかもないらしい。
ついでに無痛とかもここではやっていないとの事。
やや不安・・・。

この日は薬をもらい、検査の予約をして終了でした。


検査当日。

朝から飲まず食わずの私。

病院に行き受付。

検査室へと移動。


まずはエコー検査。

エコーをやってくれるのも女性。

暗い部屋のベッドで仰向けになり、おなかを出す私。

エコーを当てられ、
「吸って~、止めて~。はい、楽にして下さ~い。」の繰り返し。

なんだか変な雰囲気(;^ω^A


次はいよいよ胃カメラ。

内視鏡室に移動。

受付をし、問診表を記入。

しばらくすると、看護婦さんに呼ばれる。

まずは胃の泡を消すという飲み物を飲む。
マズイ。

次は、喉の麻酔のゼリー。

椅子に座り、天井見て口を開ける。

喉の入口に注射器でゼリーが置かれる。

そのままの状態で1分。

1分たったら、ゼリーを飲み込む。
これまたマズイ・・・。

次に筋肉注射。

左の肩にズブッ。

しばし、椅子に座り待つ。
喉の感覚がちょっとおかしくなる。
麻酔が効いてきているのか?


いよいよ内視鏡室に呼ばれる。

持参したタオルを看護婦さんに渡す。

横向きに寝る。

今回は若い男の先生(ちっ!)

枕にタオルを引き、口にはマウスピースをテープで止められる。

目の前にはモニター。

よだれは飲み込むとむせるので、
飲み込まずダラダラ流せとのこと。

これでタオルが必要だったのか。と理解。

いよいよ、検査開始です。

モニターに写る、自分の口内。

せまる喉!


(この後、表現がやや汚いのでご注意を。)



それからがとにかく最悪!!!

もう気持ち悪いというか、苦しいというか!

私「ゲホッ!ゲホ!!ウェッ!ウェッ!!!」

先生「はい、ゴクゴクしな~い。」

私「ウェッ!ヴェ!グェ!!」

看護婦さんが背中をさすってくれます。

看護婦「ここだけ辛いですが、頑張ってくださーい」

私「うぇっ!ウゲェ!ウェッ!!!ヴゲッ!!!!」

先生「力抜いてくださーい!」

看護婦さん「頑張ってー。」

私(涙目)「ウェッ!うぇっ!ぅえっー!!」

私の心の中(もう無理!もう絶対に胃カメラなんてヤラネー!!!!)


先生「一度戻りましょう。戻りますねー。」

看護婦さん(私の背中をさすりながら)「楽にしてください。」

私(涙目&すでにモニターを見る余裕無し)
「はぁ、はぁ、うぇっ、ウェッ・・・。」


先生「もう一回行きますねー。」


私「ウェっ!うぇ!ヴェッ!うぇさdなおあfpんd!!!」


なんとか通過・・・。


モニターをみると、私の胃の中。


喉には違和感ありまくり。


ゲップが連続で出る。


喉を気にすると、「ウェッ!うぇっ!」となる。

苦しすぎる・・・。


先生「じゃあ、胃からちょっと奥に出てみますね」

私「うっ。げふっ。」

先生「はい、胃に戻ります」

私「ハァ。ハァ。ウェッ、ゲッ、ヴぇッ。」

ずっと看護婦さんは背中をさすってくれています。

先生「おなか膨らますことできますかー」

おなかを膨らませる私。

先生「はい、いいですよー。今度は空気を入れて行きますので、ゲップをしないくださいねー。」

おなかが膨らむ。

ゲップは我慢できました。

先生「はい。空気抜いていきまーす」


先生「はい。じゃあ戻りますねー。」


口から出されてくる胃カメラ。

ぐったりな私・・・。

肩は自分のよだれでぐっしょり・・・。


ベッドに座り、写真を見ながら、少し説明。

慢性胃炎との事。

少し軽い炎症あり。潰瘍などなし。

米粒ぐらいの良性のポリープが1つ。

胃の口が少しゆるいらしく、逆流とかしませんか?

など言われました。

基本的には問題なし。


外の待合室で待っていた嫁の話によると、
検査中の私の声が聞こえていたらしく、
検査待ちをしている他の方々が
もれてくる私の声を聞いて硬直していたそうです…。



後日、検査結果を聞きに病院へ。

はじめに診察してくれた若い女の先生。

胃カメラは同じ説明。

エコーについても特に問題はないとの事。

痛みも、もう良くなってきていたので様子見。



何も無かったのは良かったですが、
どうしても必要になった時以外は
胃カメラだけはもう絶対に嫌です!!!!

苦し過ぎます・・・。

細いやつや、鼻からだったらまだましなのかな?

何度かやれば、慣れるとかも聞くが
私にはもう恐怖です。

できることなら、もうやりたくないです・・・。

胃カメラは嫌だ。

思い出しただけで喉に感覚が…。
===((((( x_x)_


ランキングに参加しています。
記事とはちょっと関係ありませんが、
クリックしていただけるとうれしいです。

(*`・ω・´)ノ゙ 【ヨロシクお願いします】

ブログランキングバナー FC2ブログランキングバナー にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。